出会い系でファーストメールの返信率を上げてはいけない3つの理由

白石です。

出会い系でファーストメールの返信率を上げてはいけない、3つの理由をお伝えします。

タイトルを見て「こいつ何言ってんだ?」「何でやねん、返信率は高い方がいいやろ!」そう思うかもしれません。

しかし、返信率を上げ過ぎると、悪いことが起こってしまうんですね。それは…

・ひまつぶし系の女性から返事が来てしまう
・警戒心の強い女性から返事が来てしまう
・返事がなかった時の精神的ショックが大きい

返信率を上げようと、丁寧で真面目なメールを送ると、このような3つのデメリットが発生するからです。

理由1:ひまつぶし系の女性から返事が来てしまう

出会い系の女性は、全員が出会い目的で利用していません。

サイト内での日記やつぶやきを主目的とした「ひまつぶし系」の女性も生息しています。このタイプは膨大な時間をかければ出会うことは可能ですが、非常に効率が悪いです。

元々出会いを求めていないので、連絡交換を提案しても拒否してきて、延々とサイト内メールを強要してきます。結果、膨大なポイントを使うハメになります。

「ひまつぶし系」の相手をしていると、ポイントがいくらあっても足りません。最小限のコストで会いたいなら、絶対避けるべきです。

しかし、返信率を上げるために、出会い系攻略ブログでよくありがちな

・最初に自己紹介する
・女性の名前を呼ぶ
・女性のプロフィールに触れてあげる
・女性を褒める
・適度に改行する
・質問「?」を入れる

等のテクニックを使うと、出会い目的ではない「ひまつぶし女」からも返事が来てしまい、セックス率が下がります。

奴らはサイト内でチヤホヤされたら満足なので、LINE交換も拒否してきますし、出会うのも困難を極めます。

理由2:警戒心の強い女性からも返事が来てしまう

警戒心の強い女性も、ゲットまでに膨大な時間を要します。

このタイプはガードが非常に固く、連絡交換すら警戒してきます。当然、出会うのは難しく、セックスも困難を極めます。

仮に会えたとしても、1回目でセックスに持ち込むのは難しいので、複数回デートして警戒心を解いていく必要があり、コスパ最悪です。

このタイプもサイト内でのメールを強要してくるので、膨大なポイントを吸収されてしまいます。ポイントがいくらあっても足りませんw

ひまつぶし&警戒心の強い女性(ポイントキラー)の相手をするより、最初から「出会い探してる系」の女性にターゲットを絞った方が、100倍効率よくセックスできます。

→出会い系サイトにいる女性3タイプを知ろう

返信率を高めようと丁寧で紳士的なメールを送ると、このようなポイントキラー女を誘発し、セックス率が下がってしまうのです。

理由3:返事がなかった時の精神的ショックが大きい

例えば、あなた好みの女の子が見つかり、魂を込めた渾身のファーストメールを送ったとしましょう。

最初に自己紹介文を書き、相手のプロフィールに触れ、容姿を褒め、適度に改行し、最後に質問で締めくくりました。気合を込めた魂のファーストメールです。

返信がくればそれでいいのですが、仮に返事がなかったらどうなると思いますか?頑張って気合を込めていた分

「こんなに丁寧にメールしたのに…」
「返信しやすいよう質問入れたのに…」
「なんで返事がこないんだよ~~~泣」

「こんだけ丁寧に書けば返事は来るだろう」と期待していた分、メンタル的にショックが大きいと思います。モチベーションにも関わってくるでしょう。

つまり、返信率を上げようと頑張れば頑張るほど、返事がなかった時のメンタルショックは大きくなるのです。出会い系で結果を出すには継続が重要です。メンタル面に悪影響を及ぼしては本末転倒です。

メール返信率とセックス率は比例しない

あなたが出会い系を利用する目的を明確にしてほしいんですね。

目的は「セックス」ただこれだけです。メールの返事をもらうことが目的ではないはず。セックスできない女と絡んでも時間とお金の無駄です。

よく出会い系の攻略ブログで、「ファーストメールの返信率を上げるコツ」系の記事を見かけますが、はっきり言ってズレてますね。

なぜなら、返信率を上げることによるデメリットの記載が、一切書かれてないからです。

思考停止で返信率を上げようとすると

・ひまつぶし女の返事を誘発する
・警戒心の強い女の返事を誘発する
・返事がなかった時のメンタルへの悪影響

3つのデメリットをちゃんと記載すべきです。

丁寧で紳士的なメールを送ると、本来相手にするべきでない女性からも返事が来てしまい、セックスの確率が下がってしまうんですね。

僕の戦略としては質の高い女性を釣るために、ファーストメールは手抜きにして、わざと返信率を下げています。

このように、丁寧ではない手抜きメールでも返事をくれる女性は、脈あり度としては高いです。当然、出会いにつながりやすくセックスまで行きやすい訳です。

僕としては、このようなイージーモードな女性、最初から脈ありの高い女性だけを狙っていきたいので、あえて返信率を下げています。その方が質の高い女性だけから返信が来て、結果的にセックス率が上がります。

多くの方に気づいて欲しいのが

ファーストメール返信率とセックス率は比例しないということです。

返信率を上げると、質の悪い女性まで返事がきてセックス率が下がります。返信率を下げると、質のいい女性だけしか残らないので、セックス率が上がります。

ファーストメール返信率とセックス率は反比例の関係にあります。

ちまたの攻略ブログは、思考停止で「返信率を上げるコツ、テクニック」などと書いていますが、デメリットに触れているものは、ほぼ皆無です。表面的なことしか書かれていないので、注意して下さい。

本来はセックスが目的のはずです。しかし、いつのまにかメールの返事をもらうことが目的にすり替わり、セックス率を下げている方は非常に多いです。

「返信率・セックス率2つとも上げたいです!」という意見もあると思いますが、二兎を追う者は一兎をも得ません。どちらか1つです。

・メールの返事をもらうこと
・セックス

目的をどちらか1つに絞ることが重要です。今一度あなたの目的を明確にしてみて下さい。返事をもらうことが目的になっていませんか?

セックスが目的なら、返信率は下げてもいいのです。その方が最初から脈ありの高い女性が釣れ、最終的にセックスまで行きやすいですから。

返信率を無駄に上げると、無駄に変な女性が混入してしまうのです。

丁寧なメールを送って返信率を上げるのは構いませんが、必ずデメリットの部分は抑えておいて下さい。思考停止になるとポイントキラーを引き寄せて痛い目にあいますからね。

「返信率を上げる・上げない」、最終的にはそれぞれ、好きなやり方で
やってもらったらいいです。

僕の場合は、最初から脈ありのある、質の高い女性だけを狙っていきたいので、意図的に返信率を下げてコントロールしています。

・濃いプロフィールを作っておく
・いいね、足あとのあった女性だけと絡む

という2つの戦略をとれば、手抜きメールでも返事は来ます。返信率はそこそこあれば良いのです。

ファーストメールの返信率を上げなくていい理由まとめ

・ひまつぶし系の女性から返事が来てしまう
・警戒心の強い女性から返事が来てしまう
・返事がなかった時の精神的ショックが大きい

・返信率を下げることでセックス率が上がる