出会い系で女性の心を開かせるLINEテクニック4選

白石です。

今回は出会い系で使えるLINEテクニックを紹介します。僕が現在進行形で使っている効果的なノウハウです。

女の子とセックスするには、心を開かせる必要があります。いきなり股を開かせることは不可能です。

なぜなら女性には、妊娠リスク、ヤリ捨てされるリスク、膣を傷つけられるリスク等、男より圧倒的なリスクを背負っているからです。

誰とでもセックスできる訳ではありません。

心を開いた男にしか股を開かないのは当然だと思います。を開けば股も開くのです。

今回は、LINEで心を開かせる具体的なテクニックをお伝えします。

心を開かせるLINEテクニック集

・敬語からタメ口に移行する

・相手の名前を呼び捨てにする

・恋愛話をする

・返信ペースを同じにしてマメにやり取り

この4点を意識することで、女の子の心を開いて、好意を上げることができます。

■敬語からタメ口

敬語はいわば「固い会話」です。

固いままだと素の状態になれず疲れてしまうのです。タメ口にすることで柔らかい会話となり、距離が縮まるスピードが上がります。

ですから、頃合いを見て必ずタメ口にすべきです。

「タメ口だと嫌われないの?」と思うかもしれません。

僕は今まで何百人以上の女性とやり取りしてきましたが、タメ口で嫌われたことは1度もなかったです。相手が年上でもタメ口で全然OKでした。

他の男性は敬語で媚びを売ってばかりなので、タメ口だと印象に残りやすいです。タメ口の方が圧倒的に打ち解けるのが、僕の経験則です。

会社の飲み会のように、相手に気を使い建前で話すのは、けっこう疲れるでしょう。仲の良い友達と飲んだ方が楽しいのは、素の状態になれるからです。

建前ではなく本音で話せる相手というのは、ものすごく価値があります。そのための布石として、タメ口にしていってほしいんですね。

もちろん、ただ闇雲にタメ口にしても「馴れ馴れしい」と思われるリスクがあるので、タイミングが重要です。

タメ口にする方法は3つあります。状況に合わせてベストなものを選んでください。

1.相手が最初からタメ口なら、こちらもタメ口。

相手がフレドリーな女性で、最初からタメ口のパターンがあります。この場合は遠慮することなく、こちらも最初からタメ口でOKです。

せっかく向こうから距離を縮めてくれてるのに、壁を作るのは勿体ないですからね。

2.最初は敬語。徐々にタメ口をブレンド

最初は100%敬語で話していき、徐々にタメ口をブレンドしていくパターンです。敬語の割合を徐々に減らしていき、最後はタメ口100%にします。

自然な形でタメ口にできるので、オススメの方法です。
 

3.ストレートに「タメ口で話しませんか?」と提案

これも、僕は多用しています。余計なことはせず、ストレートに提案したらいいです。「堅苦しいの苦手なので^^;」と理由を付け加えると、よりスマートです。

■相手の名前を呼び捨てにする

「これはないだろ~」と思うかもしれません。しかし、相手の女性が誰であっても、年上であっても、下の名前で呼び捨てOKです。

ちゃんづけや、ニックネームは不要です。女性は自分の名前を呼ばれると嬉しいものです。

「ちゃん」や「さん」のままだと少し壁ができてしまい、仲良くなるスピードが下がるからです。

女性の心を開かせるには、こちらから踏み込む必要があります。向こうから来る訳ではありません。女性は基本的に受身なので。

こちらから踏み込んであげないと、一向に距離が縮まらないのです。つまり、女性の心を開かせるのは、多少のリスクを冒す必要があります。

リスクを冒さず、無難に「さん」や「ちゃん」のままだと、それが定着してしまい、踏み込むべき時に踏み込めなくなるからです。リスクを冒さないことが最大のリスクとなります。

呼び捨てvsさんづけだと、「呼び捨て」の方が距離が縮まりやすいです。彼女やセフレではなく、友達と思えばいいのです。

友達なら普通に呼び捨てにしてると思います。「さんづけ」の友達は中々いないでしょう。それは友達ではなく知人です。

つまり、呼び捨てにすると友達として定着し、「さんづけ」だと知人として定着してしまうのです。どちからが恋愛に発展しやすいかは一目瞭然です。

「呼び捨てだと嫌われませんか?」と思うかもしれません。しかし、僕の経験上、呼び捨てにして嫌われたことはほぼ無かったです。

「ほぼ」と言ったのは、呼び捨てを嫌がる女性が一部いるからです。割合にして5%です。

しかし、呼び捨て嫌い女でも「呼び捨てはイヤ!」と向こうから教えてくれることが多く、それでLINEが切れる等の致命的なマイナスにはならなかったです。

呼び捨てしてみて、相手が何も言わなければそれでOK。呼び捨て嫌い女なら、向こうから教えてくれるので、その場合は、ちゃんづけやニックネームにする。

という流れでOKです。

呼び捨てが成功すれば、さんづけ、ちゃんづけ男よりも一歩抜き出るので有利な試合運びができます。呼び捨てはノーリスクで女性の心に踏み込めるので、積極的に行って下さい。

例え、相手が50歳という年上だとしても、名前が「ゆみ」なら、ストレートに「ゆみ」と呼んで下さい。

呼び捨てにしないと、僕のような呼び捨て男にリードされ、不利な状況になります。リスクを冒さないことが最大のリスクです。

■恋愛話をする

これも非常に有効です。

僕は女子会のグループを見かけると近くの席まで行って、会話を盗み聞きすることがよくあります。ほとんど恋バナか下ネタですw

「うちの彼氏がどうたらこうたらー」
「こういう男は生理的に無理やんね」
「生理中にやると気持ちいの?」
「朝やるのと夜やるのはどっちが気持ちい?」

「彼氏のアソコを噛むとギンギンに勃起してた」
「えーまじでーw」

本当にこんなこと言ってるのか?と思うかもしれませんが、女は男がいないと言いたい放題言っています。

ふだんは貞操観念で抑えている分、発散する時は凄まじいです。

女子の集まりだと遠慮はいらず、ぶっちゃけトークがさく裂します。恋バナでみんなキャッキャ楽しそうにしているのです。

なぜ恋愛話は盛り上がるか?

恋愛は人間の三代欲求の1つ「性欲」に関わってきます。

恋愛話は普段言えない話題がバンバン出てくるので、話す方もスッキリするんですね。女性は感情の生き物だと言われます。

つまり、女性と会話する時は、感情に関わる会話をしとけば間違いないのです。恋愛話はもろに感情に関係するので、女性も話やすく心を開きます。

うまくいけば、恋愛話の延長で下ネタを話せることがあります。そうなれば、
セックス率はより上がります。

つまり、女性と深い関係になりたければ、深い話をすればいいのです。恋愛話は感情の会話なので、深い内容に発展しやすいです。

天気の話や趣味の話など、浅い会話をしていても、浅い関係に終わってしまいます。それだと、ただ面接なのです。

女性の感情を引き出し心を開かせるためにも、恋愛話は非常に有効です。

■返信ペースを同じにしてマメにやり取りする

心理学でよく言われる単純接触効果です。

出会い系の女は寂しがりが比較的多いので、マメにしてあげることで、安心してくれ、心を開いてくれます。

女性が30分で返信してきたら、こちらも30分で返信する。行動で共感してあげることで、フィーリングの合致を演出できるのです。

ガツガツして毎回即レスしていたり、追撃LINEをするのは、余裕のない非モテ男のすることなので注意してください。

心を開かせるLINEテクニックまとめ

・敬語からタメ口に移行する

・相手の名前を呼び捨てにする

・恋愛話をする

・返信ペースを同じにしてマメにやり取り

要するに、女性を素の状態にすればいいだけです。

気を使う建前の関係ではなく、本音で話せる深い関係です。本音の関係を構築できれば、心を開かせるのは案外簡単です。心を開けばセックスです。

まずは、友達として仲良くなり、安心感を与えてあげて下さい。それがセックスへの近道です。急がば回れです。